メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

曽我ひとみさん

「拉致関心薄れている」会見で危機感訴え

記者の質問に答える曽我ひとみさん=新潟県佐渡市で2017年9月13日午後1時33分、藤井達也撮影

 北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(58)は13日、来月で帰国から15年となるのを前に、自宅のある新潟県佐渡市で記者会見した。「国民の拉致問題への関心が薄れていると感じる」と述べ、一向に解決しない拉致問題への焦りを吐露した。母ミヨシさん(拉致された当時46歳、現在85歳)ら残る拉致被害者の救出に向け、講演活動など自身ができることを続けると語った。

 曽我さんは1978年に北朝鮮に拉致され、2002年に帰国した。会見は10年ぶり。

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1165文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 公取委、ジャニーズ注意 芸能界監視を強化 芸能人と所属事務所の契約トラブル相次ぎ
  2. 京アニのスタジオで爆発 けが人多数 男がガソリンまいたか
  3. ORICON NEWS 芦田愛菜、年間100冊以上読破も「読書が芝居に役立ったことない」 女優論展開で「自由な想像」重視
  4. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  5. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです