朝鮮学校

無償除外は適法 「政治的理由」否定 東京地裁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京朝鮮高級学校訴訟の判決後、「不当判決」などと伝える原告側弁護士ら=東京都千代田区の東京地裁前で2017年9月13日午後2時14分、丸山博撮影
東京朝鮮高級学校訴訟の判決後、「不当判決」などと伝える原告側弁護士ら=東京都千代田区の東京地裁前で2017年9月13日午後2時14分、丸山博撮影

 朝鮮学校を高校無償化の対象に指定しなかったのは違法として、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)の元生徒62人が国を相手に1人10万円の国家賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は13日、請求を棄却した。田中一彦裁判長は、文部科学相の不指定処分について「裁量の逸脱や乱用があったとは認められない」と判断した。元生徒側は控訴する方針。

 全国5カ所に起こされた同種訴訟の判決は3件目。広島地裁判決は国側勝訴(7月)、大阪地裁判決(同)は「政治的外交的な意見に基づく違法な処分」として国側敗訴と判断が割れたため、東京判決が注目されていた。

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1204文字)

あわせて読みたい

注目の特集