メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元王者・宮崎が引退届 公務執行妨害で逮捕

宮崎亮=2013年、山田尚弘撮影

 公務執行妨害容疑で1日に現行犯逮捕された世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級元王者の宮崎亮(29)の引退届が、所属の井岡ジムから先月15日付で日本ボクシングコミッション(JBC)に提出されていたことが13日、分かった。安河内剛・JBC本部事務局長は「引退届が出ている以上、処分することは難しい」と説明しており、JBCとして宮崎にボクサーライセンス停止などの処分をしない方針。

     宮崎は昨年8月の世界戦を最後に試合をしておらず、今年のJBCのボクサーライセンスを更新していなかった。今月1日に東大阪市内の市道で、乗用車を運転して警察官の乗る自転車に衝突させ、公務を妨害したとして大阪府警布施署に現行犯逮捕されていた。【来住哲司】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 生き残りの模索 金正恩体制5年/上 不屈の美女ビジネス 制裁の中、外貨稼ぎ
    2. 被害届「不起訴相当」 詩織さんと山口氏のコメント全文
    3. 美濃加茂高 「反省足りない」100mダッシュ100本超
    4. 花壇 花持ち去り相次ぐ ボランティアら落胆 栃木 
    5. 衆院選 民進北海道連 道内全小選挙区で野党共闘の方針

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]