メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

チェコ企業が移動式ビール醸造設備、水と電気あればどこでも

 9月13日、チェコ共和国のウェル・サービス社が、専用コンテナで持ち運べる移動式ビール醸造設備「スマート・ブルワリー」を開発した(2017年 ロイター/David W Cerny )

[PR]

 [プラハ 13日 ロイター] - チェコ共和国のウェル・サービス社が、専用コンテナで持ち運べる移動式ビール醸造設備「スマート・ブルワリー」を開発した。価格は270万コルナ(約1370万円)で、1週間に525ヘクトリットルのビールが製造できる。

 同社の担当者は「移動式で世界のどこにでも持ち運ぶことができ、シンプルな仕様で場所を取らない醸造設備を作りたかった」とし、「しっかりした地盤の上に設置し、電源と水道に接続すれば醸造が始められる」と説明した。

 すでに、ロシアへの納品で合意に至っているほか、タイ、タンザニアその他の国と商談に入っているという。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです