連載

インタビューシリーズ・温故知新

毎日新聞デジタルの「インタビューシリーズ・温故知新」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

インタビューシリーズ・温故知新

/4止 萩本欽一 ウケるため夢中で動く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
萩本欽一さん=太田康夫撮影
萩本欽一さん=太田康夫撮影

「55号」「欽ドン」怒られたことが原点

 人気芸人をひな壇に並べるスタイルが定着した最近のバラエティー番組。一方で、個性的な番組が少なくなったとの指摘もある。数々の高視聴率番組を生んできた萩本欽一さん(76)に、昔と今の番組の違いを分析してもらった。【聞き手・丸山進】

 --「コント55号」でテレビに出た時、どんな思いでした?

 ◆大それたことは考えてなくて、ウケるために夢中でやっていました。「テレビに映らないから2メートル四方から出ないようにしてくれ」と言われても、「僕たちはテレビに出たいんじゃない。線からはみだしても、そこのお客さんにウケるためにやる」って。それで怒られてたんだけど、たった一人、「君たちにはマイク1本じゃ無理だ」とマイクを5本置いてくれた人がいて、そこからですよ。テレビは認めてくれる人に出会えるかどう…

この記事は有料記事です。

残り1353文字(全文1715文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集