メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビューシリーズ・温故知新

/4止 萩本欽一 ウケるため夢中で動く

萩本欽一さん=太田康夫撮影

「55号」「欽ドン」怒られたことが原点

 人気芸人をひな壇に並べるスタイルが定着した最近のバラエティー番組。一方で、個性的な番組が少なくなったとの指摘もある。数々の高視聴率番組を生んできた萩本欽一さん(76)に、昔と今の番組の違いを分析してもらった。【聞き手・丸山進】

 --「コント55号」でテレビに出た時、どんな思いでした?

 ◆大それたことは考えてなくて、ウケるために夢中でやっていました。「テレビに映らないから2メートル四…

この記事は有料記事です。

残り1503文字(全文1715文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. シェアハウス 就労も手助け 母子世帯が共同生活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです