メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出かけよう

天ケ瀬温泉(大分県日田市) 「川湯」で自然と一体感 /福岡

玖珠川のすぐ横に掘られた神田湯(手前)。温泉のぬくもりと川の音が心地良い

 別府や由布院と並び「豊後三大温泉」の一つと言われる大分県日田市の天ケ瀬温泉は、約1300年前に開湯されたと伝えられている。昭和初期にはJR天ケ瀬駅も開業し、駅近くを流れる玖珠川両岸の温泉旅館街は湯治客でにぎわった。目玉が玖珠川のすぐ脇に掘られた共同露天風呂の「川湯」だ。まるで川につかっているかのような自然との一体感を味わいながら、掛け流しの湯を楽しめる。

 湯量も豊富で、日田市観光協会の石橋正昭さん(62)によると、100年くらい前は川遊びで体が冷えたら、周辺を掘って暖を取っていた。石橋さんの子供のころも「3メートル掘れば80度のお湯が出た」という。温泉の流れが変わったため、より深く掘らなければお湯は出てこないが、共同露天風呂は地域の人に親しまれ続けている。

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福島第1原発 2、3号機の格納容器上部で約2~4京ベクレル 原子力規制委調査

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです