メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場発

えびの市長選間近 小児医療充実が急務 雇用や交通の生活基盤も /宮崎

えびの市は県内で唯一、九州自動車道のICがある南九州交通の要衝。恵まれた地の利を企業誘致や観光誘客などに、いかに生かすかも市の大きな課題

 任期満了に伴うえびの市長選(17日告示、24日投開票)が迫った。現職と新人の2候補が出馬予定だ。物心とも豊かに、安全で安心して暮らせるのは、地方で暮らす誰もの願い。だが、少子高齢化や若者の都会流出、人口減が続き地方の生活は厳しさを増す。全国の地方と同じく、同市も例外ではない。選挙を前に市の課題を探った。【重春次男】

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです