メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法新任務

2例目 海自が給油、米軍との一体運用加速

安全保障関連法に基づき可能となった平時の自衛隊の主な任務

 海上自衛隊の補給艦は安全保障関連法に基づき、日本海などで北朝鮮の弾道ミサイル警戒にあたる米海軍のイージス艦への洋上給油を始めた。北朝鮮による核・ミサイル脅威が高まる中、平時から自衛隊と米軍の運用の一体化が一層進んでいることが裏付けられた形だが、政府は詳細を公表していない。安保関連法に基づく新任務の実施が判明したのは5月の米艦防護に続いて2例目だ。

 政府関係者によると、給油を含む物品提供の具体的な手続きを定めた改正日米物品役務相互提供協定が4月に…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです