メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

ワラビスタンの夢

 北朝鮮が核実験をした日曜日(3日)、私はワラビスタンにいた。と言っても外国ではない。埼玉県蕨市から川口市にかけて約1300人とされるクルド人が住む。この一帯を、中東のクルド人居住地域(クルディスタン)になぞらえてワラビスタンと呼ぶのである。

 だが、彼らの現実は到底、しゃれにはならない。私が話を聞いた建設作業員の男性(37)は約15年前、トルコから日本へ来て4人の家族と暮らす。難民申請が通らないため不法滞在とされて法的には仮放免の身だ。

 「日本の身分証明書がないから保険診療もかなわず、子供が風邪で受診しても何万円とかかります。私は2カ…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです