メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外 自公で改憲発議に必要な3分の2超え 衆院選 一覧へ

100歳以上最多6万7824人 47年連続増

 厚生労働省は15日、全国の100歳以上の高齢者が昨年より2132人増えて6万7824人となり、47年連続で過去最多を更新したと発表した。うち女性は5万9627人で約88%を占める。男性は8197人。医療の進歩や健康志向の高まりで、100歳以上の人口は10年前の約2倍、20年前の約8倍に増えた。

 敬老の日を前に、15日時点で100歳以上となる人数を都道府県などを通じて1日現在で集計した。今年度中にちょうど100歳を迎える高齢者は昨年度より350人多い3万2097人で、こちらも過去最多を更新した。

 人口10万人当たりの100歳以上の人数は全国で53.43人。都道府県別では島根が97.54人で5年連続最多。鳥取(92.11人)、高知(91.26人)、鹿児島(91.20人)と続いた。

 最も少なかったのは28年連続で埼玉で32.09人。続いて愛知(35.01人)、千葉(37.83人)、大阪(40.29人)の順だった。日本人の平均寿命は2016年で男性80.98歳。女性87.14歳。

 国内の最高齢者は、2年連続で鹿児島県喜界町の田島ナビさんで117歳。男性の最高齢者は北海道足寄(あしょろ)町の野中正造(まさぞう)さんで112歳だった。

 100歳以上の高齢者は今後も増え続け、国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、50年には約53万2000人になる。政府は長寿社会を見据え、有識者を集め教育や雇用、社会保障制度の在り方などを議論する「人生100年時代構想会議」を今月11日にスタートさせている。【桐野耕一】


人口10万人当たりの100歳以上の高齢者の割合が高い都道府県

(1)島 根 97.54人

(2)鳥 取 92.11人

(3)高 知 91.26人

(4)鹿児島 91.20人

(5)佐 賀 85.02人

(6)香 川 83.23人

(7)山 口 83.21人

(8)長 野 81.85人

(9)愛 媛 81.16人

(10)沖 縄 80.75人

割合の低い都道府県

(1)埼 玉 32.09人

(2)愛 知 35.01人

(3)千 葉 37.83人

(4)大 阪 40.29人

(5)神奈川 40.86人

(6)東 京 42.83人

(7)宮 城 44.21人

(8)栃 木 44.86人

(9)青 森 45.24人

(10)茨 城 46.71人

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者
  2. 衆院選 与党300議席超す 自民勝利、希望は低迷
  3. 衆院選 揺れる日の丸、かき消される「アベやめろ」 首相の「アキバ演説」で見えたもの
  4. 衆院選 公明、小選挙区落とす
  5. 衆院選 希望 誤算続き 小池氏「おごりがあった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]