メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所

照ノ富士も休場 3横綱2大関は99年ぶり

照ノ富士=木葉健二撮影

 大相撲の東大関・照ノ富士(25)=伊勢ケ浜部屋=が秋場所6日目の15日、日本相撲協会に休場を届け出た。照ノ富士は14日の松鳳山戦で左膝を痛め、「左膝半月板損傷」で全治2週間と診断された。白鵬、稀勢の里、鶴竜の3横綱と大関・高安に続く休場で、3横綱2大関が休場となったのは1918年夏場所以来、99年ぶり。

 照ノ富士は7月の名古屋場所でも途中休場しており、2場所連続3回目の休場となった。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです