メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院3補選共闘 民進に「協議を」

共産党の志位和夫委員長=後藤由耶撮影

 共産党の志位和夫委員長は14日の記者会見で、10月22日投開票予定の衆院3補選に関し、「野党統一候補を擁立するための協議の場を作ってほしいと民進党に提起している。早く態勢を作りたい」と述べた。共産党は3補選全てで既に公認候補を擁立。民進党は青森4区と愛媛3区で候補を決めており、前原誠司代表に協議を迫った形だ。

     候補一本化を巡っては、共産党の小池晃書記局長が13日の東京都内での講演で「共通の政策、旗印での政治的合意が必要だ」と述べ、民進党との一定の政策合意が不可欠だとの認識を示している。【光田宗義】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 雑記帳 埼玉県宮代町の東武動物公園駅で19日…
    2. チビチリガマ荒らし 「歴史知らなかった」逮捕の少年
    3. 金正男殺害事件 オウム中川死刑囚がマレーシア政府に協力
    4. ニッポンへの発言 キーワード ヒトラーが復活する=中森明夫
    5. 衆院解散強まる 自己都合を優先

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]