メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通信障害

8月の大規模混乱なぜ 損害賠償は可能?

インターネットの仕組みを示した図。「AS」と呼ばれるネットワークの単位ごとに経路情報を持ち、通信を振り分けている。8月25日の通信障害では、AS(1)につながっているA社が、AS(4)にあるかのような誤った情報が流れた。

 8月25日に発生した通信障害。国内ではNTTコミュニケーションズのインターネット接続サービス「OCN」の利用者らを中心に幅広く影響があり、ネット上には「北朝鮮のテロか」「海底ケーブルが切れたのでは」といった誤った推測が相次いだ。翌26日に米グーグルが設定ミスを認めて謝罪すると、今度はグーグルの影響力の大きさを憂える声が上がった。障害の背景を取材し、ネットの脆弱(ぜいじゃく)性を改めて考えてみた。【岡礼子】

 障害が起きたのは8月25日昼ごろで、国内各地でネットが接続しにくくなった。銀行や証券会社のホームページや新幹線の指定席予約などのサービスが使えなくなる影響が出た。障害は主にOCNや、KDDIの利用者に影響があった。総務省は近く、関係事業者に調査するとともに、有識者会議を設けて障害の経緯や対処について検証する。

この記事は有料記事です。

残り2267文字(全文2628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 独自大会初戦負け 加藤学園・肥沼、初心回帰「なめた投球」反省 センバツ交流試合

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです