メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マツダ 新型CX-8を12月発売 ディーゼルスポーツ車

新型SUV「CX-8」を発表するマツダの小飼雅道社長(左)、松岡英樹主査(中央)、諫山慎一チーフデザイナー=東京都港区で、2017年9月14日、和田憲二撮影

 マツダは14日、新型のスポーツタイプ多目的車(SUV)「CX-8」を国内で12月14日に発売すると発表した。動力源は独自開発のディーゼルエンジンのみ。欧州などで環境規制が強化されディーゼル車には逆風が吹くが、マツダは今後も得意とする内燃機関の性能向上を主軸にすえて対応していく考えだ。

     CX-8は3列座席で最大7人乗り。マツダのSUVでは「CX-3」「CX-5」に続く3車種目で、最上位に位置づける。ミニバンからSUVへ人気が移る国内市場に対応する。価格は税込み319万6800~419万400円。月販1200台を目指す。

     排気量2.2リットルの新開発ディーゼルエンジンは、ピストンの形や燃料の噴射の仕方を工夫することで、従来型よりも加速力や環境性能が高まった。燃費は、車重が約200キロ軽い「CX-5」とほぼ同等で、来年10月から表示が義務化される新基準で軽油1リットル当たり平均15.4~15.8キロ。燃料タンクは容量が72リットルあり、1回の給油で東京-九州間に相当する1137キロを走れるという。

     小飼雅道社長は東京都内で開いた発表会で「走る喜びにあふれた車だ。ミニバンに代わる新たな市場の創造に挑戦する」と述べた。

     ディーゼル車を巡っては、欧州などで強化される環境規制への対応コストが上昇している。欧州自動車工業会によると、欧州で新車販売台数に占めるディーゼル車の比率は、直近のピークだった2011年の55.7%から、16年は49.5%まで減少。SUBARU(スバル)が20年度をメドに撤退する方向で検討している他、ホンダも18年以降の段階的な縮小を検討中。いずれも電気自動車(EV)の開発に経営資源を集中させるためで、今後も撤退するメーカーが相次ぐ可能性がある。

     こうした中で投入するCX-8は当面、国内のみで販売するが、小飼社長は「地球環境保全という面で、マツダのディーゼルエンジンには強みがある。規制に対応し求めやすい価格で提供していける自信がある」と強調。今後もディーゼル車の開発や販売を継続し、ガソリン車も含めた内燃機関の技術を磨くことで環境保全に貢献していく姿勢を示した。

     同時に「地域ごとの需要や規制に柔軟に対応し、経営の持続的な成長を追求する」とも説明。8月に資本提携することで合意したトヨタ自動車と共同開発を進めるEVなど、これまで手薄だった電動化技術の強化も並行して進める考えだ。【和田憲二】

    キーワード【ディーゼル車】

     軽油を燃料とするディーゼルエンジンで走る車。一般的にガソリン車よりも発進時などの加速に優れ、低燃費で、燃料代も安く、二酸化炭素(CO2)排出量も少ない。かつて課題だった窒素酸化物(NOχ)などの排出も技術革新で減り、国内では「クリーンエネルギー車」として国の購入補助金の交付対象になっている。欧州で長年エコカーの主流だったが、2015年に発覚した独フォルクスワーゲンの排ガス不正問題の影響などで近年は販売台数が減少。フランスと英国はガソリン車とともに40年までに販売を禁止する方針で、中国も追随する構え。こうした中、ホンダやSUBARU(スバル)などがディーゼル車事業の縮小や撤退を検討している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 貴乃花親方、理事長選で思惑…モンゴル報道
    2. 日馬富士暴行 現場の個室に日本人力士も同席
    3. 座間9遺体 「金目当て」動機に疑問 若い女性説明つかず
    4. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    5. サウジ 拘束中の王子らを虐待か 拷問や自殺未遂情報も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]