全銀協

カードローンの自主規制強化へ 過剰融資問題で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 全国銀行協会(全銀協)の平野信行会長(三菱UFJフィナンシャル・グループ社長)は14日の定例会見で、過剰融資が問題となっている銀行カードローンについて「借り手の多重債務が問題化しないよう実態把握を進め、改善の努力を重ねたい」と述べ、自主規制の取り組みをさらに強化する方針を示した。

 具体策としては10月から毎月、会員行(120行)のカードローン貸出残高を集計して公表するほか、外部機関に委託してカード…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

あわせて読みたい

注目の特集