メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラク

爆弾テロ、50人死亡 ISが犯行声明

 【カイロ篠田航一】イラク南部ナシリヤ近郊で14日、レストランと検問所を狙った爆弾テロがあり、ロイター通信によると、少なくとも50人が死亡、80人が負傷した。過激派組織「イスラム国」(IS)は、影響下にあるニュースサイト「アーマク通信」を通じ「多くのイスラム教シーア派を殺害した」との犯行声明を出した。

     スンニ派を自称するISはシーア派を敵視しており、イラク南部はシーア派住民が多い地域だ。シーア派国家イランにも近く、死者には少なくともイラン国籍の10人が含まれているという。

     実行役は数人のグループとみられ、レストラン店内で1人が爆発物を入れたベストを着用して自爆後、他の男らが客を銃撃したという。検問所では自動車爆弾が爆発した。

     ナシリヤ近辺はイラクの主要産業の油田地帯として知られる。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
    3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
    4. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に
    5. 大阪震度6弱 「水、食料を」買い物客殺到 品切れ相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]