メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

玉石混交、過激動画も相次ぐ

逮捕された西坂容疑者が投稿した問題の動画=ユーチューブより

 覚醒剤と見せかけた白い粉末を警察官の前でわざと落とし逃走したとして、福井県の夫婦が今月、偽計業務妨害容疑で逮捕された。夫はインターネット上の動画投稿サイト「ユーチューブ」への投稿で稼ぐ「ユーチューバー」を自称し、一部始終を撮影した動画を公開していた。ユーチューバーとは?【福永方人、岸達也】

 夫の西坂大治(にしさか・だいじ)容疑者(31)はネット上で「デイジー」と名乗り、「地方の元引きこもりヤンキー」「目標はトップユーチューバー」と自己紹介。動画を公開した8月30日、ブログに「以前のイタズラ動画、飲酒運転はあんまり(再生回数が)上がらなかった」「覚醒剤ドッキリは久しぶりにガンガン上がってますね」などと書き、実際、削除されるまでの約1週間で120万回以上再生された。

 ユーチューバーは、グーグルが運営するユーチューブ内に動画を投稿する自分のチャンネルを設定。再生回数が1万回に達すると審査があり、利用規約などに違反していない動画には大手企業などの広告が表示され、広告料の一部が投稿者に払われる。額について、グーグルは取材に「再生回数だけでなく広告の種類や価格などで決定する」とし、詳細は明かさない。

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです