メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング レアル、主力2選手と新契約…マルセロ&イスコが2022年まで延長

情報提供:サッカーキング

レアルとの契約を延長したマルセロ(左)とイスコ(右)[写真]=Getty Images
 レアル・マドリードは14日、ブラジル代表DFマルセロとスペイン代表MFイスコとの契約延長をクラブ公式サイトで発表した。

 マルセロは2020年までだった契約を2年間延長し、2022年6月30日までの新契約にサイン。イスコは今シーズン末までの契約だったが、同じく2022年6月30日までの延長に合意している。

 マルセロは同日に記者会見を行い、「この素晴らしいクラブの歴史の一部であることをとても誇りに思う。レアル・マドリードに居られることは、とても嬉しいし、ラッキーなことだ。10年在籍し、また契約延長できたことにとても満足しているよ」とコメント。一方のイスコは15日に本拠地のサンティアゴ・ベルナベウで会見を開くという。

 29歳のマルセロは2007年からレアル・マドリードに所属し、現在は第2キャプテンを務めている。加入後に獲得したチームタイトルは歴代2位タイの「17」に達し、公式戦通算試合出場数は「400」を突破。外国籍選手として、クラブ歴代単独2位となっている。

 25歳のイスコは2013年にマラガからレアル・マドリードに移籍。これまで公式戦通算197試合に出場し、34ゴールを記録している。

【関連記事】
「99%のスペイン人が全身脱毛するから」…剃毛で欠場のアセンシオに驚きの声
才能が完全開花したイスコ…要因はジダン監督によるダイエット?
アセンシオに次ぐデビュー戦男! ラッシュフォードが6回目の初出場得点を記録
C・ロナウドが“いい男”ぶりを発揮!拾った携帯の持ち主に粋な対応
私をW杯に連れてって! 悲願の初出場が見えてきた6つの代表チーム

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
  2. 名古屋・私立高 男子26人、女子装い電子マネー要求 
  3. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
  4. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も
  5. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]