メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史散歩・時の手枕

大山古墳(仁徳天皇陵、堺市堺区) 風格堂々 都会の森

百舌鳥・古市古墳群の中で最も大きい大山古墳(仁徳天皇陵)=堺市堺区で、本社ヘリから川平愛撮影

 日本最大の前方後円墳として知られる堺市の「大山(だいせん)古墳」(仁徳陵古墳)。この古墳を含む「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」が2019年の世界文化遺産登録を目指す候補になり、現地を訪れる人が増えている。約300メートルの上空から大山古墳を見渡せる仮想現実(バーチャルリアリティー、VR)体験も人気で、私も体感してみた。

 大山古墳の大きさを肉眼で実感するため、最初に訪ねたのが堺市役所。21階には展望ロビーがあり、眼下の風景を一望できる。百舌鳥古墳群は堺市の東西、南北約4キロに広がり、現在も44基が残っている。その中でも大山古墳は都会のど真ん中に残る森のように、ビルなどが林立する中、大きく横たわっている姿がよく見える。

この記事は有料記事です。

残り1054文字(全文1371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 観光客の救急搬送当面取りやめ 香川の離島・豊島 消防団「島民守れなくなる」

  4. ORICON NEWS キンプリ 新アルバム『L&』アートワーク&収録曲一挙公開 メンバープロデュース曲名も

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです