メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こうぶんこうぞうさん

本当の私、絵筆に込め LGBTを公表 いじめ・自殺未遂越え 逃げてもいい

個展の会場で来場者に自身の体験を語るこうぶんこうぞうさん=神戸市中央区の神戸ポートピアホテルで2017年9月12日、茶谷亮撮影

 性同一性障害であることを公表し、性的少数者(LGBTなど)への理解を求める活動を続ける画家がいる。男性の体に生まれて女性として生きる、こうぶんこうぞう(本名・公文晃蔵)さん(46)=大阪市。いじめや自殺未遂を経験したが、絵との出会いに救われた。当時と同じ境遇にいる子どもたちに「逃げてもいい。どんな自分も好きになって」とメッセージを送る。【茶谷亮】

 大阪府阪南市出身。幼いころから、好きになるのは男の子だった。スカートや口紅をせがみ、遊びはままごと…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです