メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」
北朝鮮ミサイル

「どこに避難すれば」 防災無線は正常に作動 /群馬

 15日早朝の北朝鮮による弾道ミサイル発射で、県内に再び緊張が走った。8月29日のミサイル発射時に防災行政無線の不調があった自治体では正常に作動したが、今回も住民からは「どこに避難すればいいのか」と戸惑いの声が聞かれた。

 前回の発射時にJアラートに連動して自動配信されるはずの防災行政無線と防災ラジオが起動しなかった前橋市では、今回はいずれも起動した。前回起動しなかったのは職員が自動起動装置を誤って「メンテナンスモード」に変更していたことが原因だった。

 ただ、今回は「防災ラジオの音が大きい。音量を下げられないか」という苦情が市民から数件あった。市は「みんなが気づくように一律で大きな音に設定されているので、音量を調整することはできない」と回答したという。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです