北朝鮮ミサイル

「どこに避難すれば」 防災無線は正常に作動 /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 15日早朝の北朝鮮による弾道ミサイル発射で、県内に再び緊張が走った。8月29日のミサイル発射時に防災行政無線の不調があった自治体では正常に作動したが、今回も住民からは「どこに避難すればいいのか」と戸惑いの声が聞かれた。

 前回の発射時にJアラートに連動して自動配信されるはずの防災行政無線と防災ラジオが起動しなかった前橋市では、今回はいずれも起動した。前回起動しなかったのは職員が自動起動装置を誤って「メンテナンスモード」に変更していたことが原因だった。

 ただ、今回は「防災ラジオの音が大きい。音量を下げられないか」という苦情が市民から数件あった。市は「みんなが気づくように一律で大きな音に設定されているので、音量を調整することはできない」と回答したという。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文831文字)

あわせて読みたい

注目の特集