メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コラボ

異業種5社が新潟市の製造業PR 食卓周辺の家具、食器、観葉植物…洗練の品々、国内外で人気 /新潟

 「新潟のものづくりは燕三条だけじゃない--」。新潟市の製造業をPRしようと市内の異業種5社が手を組み製作した食卓まわりの品々が、国内外で人気を呼んでいる。家具に食器、観葉植物、そして仏壇。聞いたこともない組み合わせだが、それぞれの製品を組み合わせて作り出した食空間は、落ち着きがありながらもどこか洗練されている。発起人の星野太志・大橋洋食器社長(36)は「異分野同士だからこそ化学反応が起きる」と力を込める。【南茂芽育】

 きっかけは5年ほど前、星野さんが上越新幹線で見た広告だった。新潟の食や酒をPRする内容だったが、使…

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1096文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです