メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
体験型イベント

持続可能な社会実現へ 来月、立命大生主催 「0円食堂」や音楽ブースも 草津 /滋賀

「Sustainable Week」について話し合う実行委メンバーら=滋賀県草津市の立命館大びわこ・くさつキャンパスで、衛藤達生撮影

 国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」について考えるきっかけを提供しようと、立命館大びわこ・くさつキャンパス(BKC)で10月1日、学生主催の体験型イベント「Sustainable Week」が始まる。廃棄野菜などを使った「0円食堂」や再生可能エネルギーを使った音楽ブースなどが登場。一般参加も可能で、主催者らは「社会的な課題を大学生と地域が一緒に考える関係を作っていきたい」と意気込んでいる。【衛藤達生】

 SDGsは「Sustainable Development Goals」の略。2015年9月に国連…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1084文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  3. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです