メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法15年 介助犬、心身支える相棒 木村さん、川西で講演 /兵庫

車椅子の木村佳友さんと実演をみせる介助犬デイジー=兵庫県川西市の東谷公民館で、高尾具成撮影

 補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)への理解や関心を深めてもらおうと、補助犬使用者で「日本介助犬使用者の会」会長の木村佳友さん(57)=宝塚市=が15日、川西市見野2の東谷公民館で講演した。【高尾具成】

 「身体障害者補助犬法」(補助犬法)が来月1日、2002年10月の施行から15年を迎える。同法は身体障害者の自立や社会参加の促進のため、不特定多数の人が利用する施設や交通機関などに補助犬の受け入れを義務付けたが、社会への浸透は十分とは言い難い。

 このため、介助犬シンシアと共に同法成立に尽力した木村さんが「介助犬を知っていますか?~シンシア、エルモ、そしてデイジーとともに~」と題し、東谷地区の障がい援護福祉部会の研修(東谷地区民生委員児童委員協議会主催)で約50人に講演。妻美智子さん(55)をアシスタントにシンシア、次ぐエルモ、現在のデイジー(ラブラドルレトリバー・雌5歳)との日々を語った。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです