メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法15年 介助犬、心身支える相棒 木村さん、川西で講演 /兵庫

車椅子の木村佳友さんと実演をみせる介助犬デイジー=兵庫県川西市の東谷公民館で、高尾具成撮影

使用者の木村さん 理解呼びかけ、実演披露

 補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)への理解や関心を深めてもらおうと、補助犬使用者で「日本介助犬使用者の会」会長の木村佳友さん(57)=宝塚市=が15日、川西市見野2の東谷公民館で講演した。【高尾具成】

 「身体障害者補助犬法」(補助犬法)が来月1日、2002年10月の施行から15年を迎える。同法は身体障害者の自立や社会参加の促進のため、不特定多数の人が利用する施設や交通機関などに補助犬の受け入れを義務付けたが、社会への浸透は十分とは言い難い。

 このため、介助犬シンシアと共に同法成立に尽力した木村さんが「介助犬を知っていますか?~シンシア、エ…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文695文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B
  3. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  4. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです