メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こうして歌が生まれた

/5 熊本地震1年5カ月 「がまだせ熊本」林田健司さん(51) /熊本

「少しでも明るい気持ちに」

 <泣いたってよかたい ゆっくりでよかたい 満天の星空 優しく見守る かがやきを わすれずに>

 解散したアイドルグループSMAPの「青いイナズマ」「KANSHAして」などを作曲したシンガー・ソングライター、林田健司さん(51)が熊本地震の被災者の言葉をつなぎ、メロディーをつけた復興ソング「がまだせ熊本」がじわじわと浸透している。NHK熊本児童合唱団と林田さんのファンが歌い、制作したCD1000枚は残り約400枚になるほどだ。林田さんは「被災した人の疲れが出るころなので、元気の湧くこの歌で少しでも明るい気持ちになってほしい」と話す。

 林田さんは昨年4月に熊本地震が起きると、同27日に全国から寄せられた支援物資を持って益城町などに入…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1204文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 男逃走
  2. 東京・赤坂の飲食店員暴行「半グレ」上役か 容疑の男を逮捕
  3. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  4. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル
  5. 日本はデフレ 消費増税凍結しなければ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです