メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こうして歌が生まれた

/5 熊本地震1年5カ月 「がまだせ熊本」林田健司さん(51) /熊本

「少しでも明るい気持ちに」

 <泣いたってよかたい ゆっくりでよかたい 満天の星空 優しく見守る かがやきを わすれずに>

 解散したアイドルグループSMAPの「青いイナズマ」「KANSHAして」などを作曲したシンガー・ソングライター、林田健司さん(51)が熊本地震の被災者の言葉をつなぎ、メロディーをつけた復興ソング「がまだせ熊本」がじわじわと浸透している。NHK熊本児童合唱団と林田さんのファンが歌い、制作したCD1000枚は残り約400枚になるほどだ。林田さんは「被災した人の疲れが出るころなので、元気の湧くこの歌で少しでも明るい気持ちになってほしい」と話す。

 林田さんは昨年4月に熊本地震が起きると、同27日に全国から寄せられた支援物資を持って益城町などに入…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1204文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです