メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ミサイル

再び日本通過 グアム射程内 飛距離、前回より1000キロ伸び

 北朝鮮は15日午前6時57分ごろ、平壌の順安(スナン)付近から東北東へ弾道ミサイル1発を発射した。政府によると、ミサイルは北海道上空を通過し、午前7時16分ごろ、北海道・襟裳(えりも)岬の東約2200キロの太平洋に落下。飛行距離は約3700キロとみられ、防衛省は北朝鮮の弾道ミサイルとしては過去最長とみている。平壌から米領グアムまでは約3400キロで、北朝鮮はグアムが射程に入っていると示し、米国をけん制する狙いがあったとみられる。【秋山信一、ソウル米村耕一】

 同省は、中距離弾道ミサイル「火星12」(最大射程約5000キロ)との見方を強めている。北朝鮮が8月…

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1107文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  5. 内閣支持率40% 「年金だけでは2000万円不足」報告書の麻生氏対応「納得できない」68% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです