メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

北朝鮮ミサイル再発射

8月29日、平壌で行われた北朝鮮の中距離弾道ミサイル「火星12」の発射訓練=朝鮮中央通信・朝鮮通信

 北朝鮮の挑発が止まらない。15日、日本上空を通過する弾道ミサイルを再び発射、米領グアムに届く飛行距離を記録した。国連安全保障理事会の新たな制裁決議を歯牙にもかけない振る舞いに国際社会の反発と焦りが募る。北朝鮮トップの金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の狙いは何か。トランプ米政権はじめ関係各国に打つ手はあるか。

この記事は有料記事です。

残り3842文字(全文4001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです