メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ミサイル

日本通過 識者3人に聞く

 8月29日に続き、日本列島上空を通過する弾道ミサイルを発射した北朝鮮。どのような意図があり、今後どう出るのか。米中韓の専門家に聞いた。

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席がともに張り子の虎で、何をしてもおとがめなしだと考えているようだ。関係国が相手の出方を読み違えて誤算が生じやすい、とても危険な状況だ。

 金正恩氏は対話に関心がなく、今は制裁を拡大するしかない。米軍は北朝鮮国内の核施設やミサイルの場所を全て把握しているわけではない。軍事攻撃は報復によって韓国や日本に甚大な被害が想定される。そのリスクを取るべきだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです