メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長部日出雄の映画と私の昭和

「ゴッドファーザー」(米国・1972年)

新人コッポラの迫力

 約2年半の津軽住まいを終えて再上京した昭和47(1972)年に強烈な衝撃を受けたのが、米国のマフィア社会の恐るべき全貌をきわめて劇的に描いた「ゴッドファーザー」だ。原作は作家マリオ・プーゾの大ベストセラーだが、映画化となれば、当然イタリア系移民の暴力団であるマフィアとの軋轢(あつれき)が予想されるから、演出は会社側が候補に選んだ何人もの監督に断られ、血筋と名前がイタリア系という理由で監督としてはまだ無名に近い32歳のフランシス・コッポラに白羽の矢が立った。もし先に交渉されただれかが引き受けていたら、私たちが接した非凡な映画は誕生していなかったのだ。

 オファーを受けた時「大衆的なベストセラーの映画化なんかやりたくない。僕が作りたいのは芸術的な映画なんだ」とこぼしたコッポラに音楽家の父親は言った。「じゃあこの映画で儲(もう)けてその金で芸術映画を作ればいいじゃないか」。父の助言に従って仕事を引き受けたコッポラが早速実行したのは、大衆的な娯楽作を交響楽のような芸術映画に仕立てることで、製作者に無理難題を連発した。

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです