メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さんまふるさと便

記録的不漁で中止 宮古水揚げなし

宮古市魚市場の昨年のサンマ初水揚げは9月3日だった=岩手県宮古市で2016年9月3日、鬼山親芳撮影

予約も取り消し

 サンマの記録的不漁を受け、岩手県宮古市の宮古水産物商業協同組合は15日、「さんまふるさと便」の注文受け付けを全て取り消すことを決めた。今年で22回を数える同事業で発送できない事態は初めて。不漁が伝えられるスルメイカ、秋サケと並んで浜の不況が改めて深刻化してきた。

     ふるさと便は、大きめのサンマ15匹で3500円など3コースを用意。8月22日から注文を受け付け、これまでに約4000箱の予約が入っていた。しかし宮古港での水揚げは全くなく、当面の見通しも立たない状態で、同組合は注文を取り消し、今年の全ての発送を取りやめることにした。注文した人には電話でその旨を伝え、わび状を送るという。

     島香尚理事長は「本当に申し訳ない。台風18号の影響で今月中の宮古港への水揚げも期待できそうにない」と話した。【鬼山親芳】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 奈良・安堵 町議「股裂き刑したい」ヘイト投稿
    2. 厚労省 「ヒルドイド」美容目的の処方規制見送り
    3. 現場から・ひょうご 姫路城、夜の観光客 「開けても赤字」 閉店多く /兵庫
    4. 未承認サプリ宣伝 博多の販売会社役員を逮捕 千葉県警
    5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]