メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボランティア

天国の赤ちゃんに無償手縫いベビー服 佐賀

 出産時や妊娠中に亡くなった赤ちゃんに手縫いのベビー服を着せてあげたいと、親たちに無償で届けている佐賀県のボランティアグループの活動が広がりつつある。メンバーの多くは子どもを亡くした経験を持つ女性たち。「親に服を選んでもらいたい」とできるだけ多くの絵柄やサイズをそろえ、全国各地から注文や問い合わせが相次いでいる。

 2014年12月に発足した「にこにこ257(にこな)の会」。メンバーの一人、佐賀県唐津市の原田恵里香さん(34)がこの年の9月、出産中に女の子の赤ちゃんを亡くしたことがきっかけだった。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです