メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
民進党

2氏が離党届提出 細野・若狭新党に参加へ

 民進党の笠(りゅう)浩史(神奈川9区)、後藤祐一(同16区)の両衆院議員が15日、大島敦幹事長に離党届を提出した。既に離党した細野豪志元環境相が創設したグループに所属し、細野氏や若狭勝衆院議員が構想する国政新党に参加する意向だ。細野氏らは臨時国会前に準備会を発足させて基本政策などを協議し、早ければ10月にも新党を結成したい考えだ。

 新党を目指す勢力は13日に離党届を提出した鈴木義弘衆院議員も合わせて5人になり、国会議員5人以上と…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文538文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 韓国側との情報共有、防衛相「オファーはしたい」 北朝鮮ミサイル発射

  5. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです