桜島

爆発的噴火5回 噴煙、最高2400メートル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福岡管区気象台と鹿児島気象台が15日16時、桜島に関する火山解説情報を出した。

 桜島は活発な噴火活動が続いており、9月11~15日15時までの間に昭和火口では噴火が24回発生。このうち5回が爆発的噴火で、噴煙は最高で2400メートルまで上がった。噴石も最大で6合目まで達している。

 また火山性地震は、12~13日にかけて…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文266文字)

あわせて読みたい

注目の特集