働き方改革

問題多い一括法案 性格異なり

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 労働政策審議会による15日の答申を受け、政府は労働基準法を含む八つの労働法規の改正をセットにした「働き方改革関連法案」を、28日召集の臨時国会に提出する。しかし、野党や労働組合が批判する通り、性格が異なる法案を一つにまとめた手法には問題が多い。

 高度プロフェッショナル制度を導入し、裁量労働制の対象を拡大する現在の労基法改正案は、2015年に国会提出後、「過労死を助長する」という野党の…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

あわせて読みたい

注目の特集