阿蘇・立野峡谷

別の柱状節理「破壊予定」 ダム建設で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
立野ダム建設予定地にある白川右岸の柱状節理。数年後には壊される予定になっている=熊本県南阿蘇村で2016年8月3日午後2時51分、福岡賢正撮影
立野ダム建設予定地にある白川右岸の柱状節理。数年後には壊される予定になっている=熊本県南阿蘇村で2016年8月3日午後2時51分、福岡賢正撮影

 世界ジオパークに指定されている熊本県・阿蘇の立野峡谷の柱状節理(ちゅうじょうせつり)が国の復興工事で破壊された問題で、峡谷内にある別の柱状節理も国が進めるダム建設で数年後にほとんどが削り取られる予定であることが分かった。

 破壊された柱状節理は白川の支流、黒川に架かり、熊本地震で崩落した阿蘇大橋の600メートル下流の右岸にあった。この現場の約1キロ下流の白川右岸にも高さ約60メートル、幅約300メートルにわたって溶岩が柱状に縦に割れ…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

あわせて読みたい

ニュース特集