特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

県大会開幕 21校堂々行進 八戸高専、猛打で快勝 /青森

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【八戸高専-大湊】二回表八戸高専1死満塁、森田のスクイズで生還する大久保=はるか夢球場で 拡大
【八戸高専-大湊】二回表八戸高専1死満塁、森田のスクイズで生還する大久保=はるか夢球場で

 秋季県高校野球選手権大会(県高野連主催、毎日新聞青森支局など後援)が16日に開幕し、はるか夢球場(弘前市)など3球場で1回戦5試合が行われた。

 地区予選を勝ち上がって秋の県大会初出場の八戸高専は、九回に打者一巡の猛攻を見せ、大湊を8-1で降した。このほか、八戸工大一、八戸、五所川原商、弘前学院聖愛が2回戦進出を決めた。

 はるか夢球場で開かれた開会式では、昨年の優勝校、青森山田を先頭に21校の選手が入場。八戸西の小笠原諒主将(2年)が「全力で戦い抜くことを誓います」と選手宣誓した。

 18日の準々決勝4試合は、台風18号の接近に伴い19日に順延された。【北山夏帆】

 <はるか夢球場>

 ▽1回戦

八戸高専

  011010005◆8

  000010000◆1

大湊

 (八)関-大久保

 (大)工藤我、工藤海、菊池、熊谷-下川

▽三塁打 工藤海(大)

▽二塁打 木村、麦沢、湯沢、関(八)

野辺地西

  000100000◆1

  00040100×◆5

八戸工大一

 (野)松山、久保田-白石

 (八)向井-宮本

▽本塁打 向井(八)

▽三塁打 最上(八)

▽二塁打 村山(八)

 <県総合運動公園野球場>

 ▽1回戦

青森東 203000000◆5

八戸  07010110×◆10

 (青)永沢、堀-宇野

 (八)宮崎、藤嶋-黄川田

▽二塁打 宇野、黒田(青)黄川田(八)

八戸西

  101000200◆4

  40000001×◆5

五所川原商

 (八)守田、山部-工藤

 (五)山本-高橋

▽本塁打 三浦(八)

▽二塁打 工藤(八)高橋(五)

 <黒石運動公園野球場>

 ▽1回戦

青森明の星

  000000000◆0

  10200003×◆6

弘前学院聖愛

 (青)内山-渡辺

 (弘)下山、野中、長久保-神

▽三塁打 鈴木、田崎(弘)


 ■熱球譜

背番号1の重責全う 関琢朗投手=八戸高専(2年)

 「引退した3年生の分まで勝つ」。1年生の秋から背番号1を背負ってきたエースとしての責任を感じながら、秋晴れの下、マウンドに上がった。

 夏の青森大会は初戦で敗退。「先発として3年生に申し訳ないという気持ちでいっぱいだった」。だが、引退する3年生の主将・宮崎から「いい球を投げるんだから、大事に投げてチームに勝利を」とエールをもらった。

 後半にバテ気味だった投球を見直すため、練習後も走り込みなどに取り組んだ。結果は実り、秋の県大会に初出場。この日も、低めに集めた粘り強い球で、昨夏準優勝の大湊相手に完投した。

 「自分の責任はチームを勝たせること。次も一球一球大事に投げて、勝利したい」【北山夏帆】

次に読みたい

あわせて読みたい