特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

県大会開幕 銚子商、接戦制す 木更津総合コールド勝ち /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
西武台千葉主将・梶山拓巳中堅手 拡大
西武台千葉主将・梶山拓巳中堅手

 第70回秋季県高校野球大会(県高野連主催、毎日新聞社など後援)が16日開幕し、千葉市稲毛区の県野球場など5球場で1回戦13試合があった。甲子園出場により予選を免除された木更津総合は長生にコールド勝ち。銚子商は千葉経大付との接戦を制した。2年連続でセンバツ出場を目指す東海大市原望洋も2回戦に駒を進めた。

 17日に予定されていた1回戦18試合は、台風接近で18日に順延された。【富美月】

 ▽1回戦

木更津総合 40282=16

長生    00000=0

 (五回コールド)

安房

  200000000=2

  00222002×=8

西武台千葉

銚子商

  041000200=7

  030100101=6

千葉経大付

船橋芝山

  00000011100=3

  10200000001=4

東京学館浦安

 (延長十一回)

柏南  000006004=10

八千代 300000001=4

津田沼 000000001=1

東葉  00000400×=4

桜林  000100000=1

我孫子 12100000×=4

多古

  001001020=4

  01000302×=6

日体大柏

幕張総合

  010200001000=4

  001300000001=5

市柏

 (延長十二回)

成東  010030002=6

君津商 001100001=3

流経大柏

  000040031=8

  000021000=3

暁星国際

茂原樟陽

  000000000=0

  20300000×=5

東海大市原望洋

君津

  120100000=4

  01100300×=5

千葉商大付


 ■白球譜

声でチーム鼓舞し続け 西武台千葉主将・2年 梶山拓巳中堅手

 「攻めようか! 攻めようか!」。2点リードで迎えた五回裏。ベンチから誰よりも大きな声でチームを鼓舞し続けた。そして2死三塁。追加点の好機が訪れた。神野竜速(2年)のショートゴロで上原拓翔(同)が生還して5点目を挙げると、ベンチから身を乗り出して「よーし!」と喜びを爆発させた。

 一回に先制を許し、序盤は追いかける形に。打席に向かう選手の肩をたたく表情も硬かったが、皆川浩一監督の「声でペースを作れ」との言葉で切り替えたという。

 自宅が遠く、毎朝起床は午前4時半。5時には家を出て7時から自主練習に励む。帰宅は午後11時になることも。祖母千鶴子さん(65)は「とにかく野球が好きなのだと思う」と目を細め、皆川監督も「誰が見ても一番の努力家」と言う。前チームのころから先輩たちにも頼られ、主将の相談相手の役割も担っていた。キャプテンシーはそんな経験によって培われた。

 予選の代表決定戦で、夏の大会3回戦で敗れた流経大柏に再び負け、敗者復活戦に。以降、ほぼ休みなく基本練習に明け暮れた。2回戦の相手は東海大市原望洋。今春のセンバツ出場校だが「自分たちのペースを作り、勝ち上がりたい」と意気込んだ。【富美月】

次に読みたい

あわせて読みたい