メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進県連

代表、野党共闘は死守 前原氏見直し指示に /三重

 民進党県連は16日、前原誠司代表が就任して初めての常任幹事会を津市内で開いた。記者会見した芝博一・県連代表は、次期衆院選での野党共闘について「(執行部に)血判状を突きつけてでも守っていきたい」と重要性を強調した。

 前原氏は次期衆院選での共産党などとの選挙協力の見直しを指示している。これに対して芝氏…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです