メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

北部に安全地帯設置 4カ所目

 【カイロ篠田航一】内戦が続くシリアの和平を目指す協議が15日、カザフスタンの首都アスタナで開かれた。和平を仲介するロシア、トルコ、イランの3カ国は、シリア北部イドリブ県に戦闘行為を禁じる「緊張緩和地帯」(安全地帯)を設置し、3カ国の部隊が監視に当たることで合意した。ロイター通信などが伝えた。

 安全地帯構想は、シリアのアサド政権軍と…

この記事は有料記事です。

残り90文字(全文257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 日本国内の感染者、4週間で27万人超に 米グーグルのAIが大幅増を予測

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです