メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『対中外交の蹉跌 上海と日本人外交官』=片山和之・著

 (日本僑報社・3888円)

 三十数年の外交官生活で5度にわたり中国に在勤した現役の上海総領事が、これまでの自身の対中外交の歩みや中国外交に携わった歴代外交官の足跡、現在の日中関係についての考察をまとめた。歴代駐中国大使や総領事、年表の資料も収録され、中国に関心を持つ人なら手元に置いておきたい330ページを超える力作だ。

 著者の歩みは日中関係の変遷に重なる。天安門事件(1989年)では現場で観察を繰り返し、天皇訪中(9…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  3. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 屋久島豪雨「命の危険感じた」 車中で一夜、下山の男性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです