メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『対中外交の蹉跌 上海と日本人外交官』=片山和之・著

 (日本僑報社・3888円)

 三十数年の外交官生活で5度にわたり中国に在勤した現役の上海総領事が、これまでの自身の対中外交の歩みや中国外交に携わった歴代外交官の足跡、現在の日中関係についての考察をまとめた。歴代駐中国大使や総領事、年表の資料も収録され、中国に関心を持つ人なら手元に置いておきたい330ページを超える力作だ。

 著者の歩みは日中関係の変遷に重なる。天安門事件(1989年)では現場で観察を繰り返し、天皇訪中(9…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文481文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  2. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです