メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

橋爪大三郎・評 『学生を戦地へ送るには 田辺元「悪魔の京大講義」を読む』=佐藤優・著

 (新潮社・1728円)

 昭和一四(一九三九)年、田辺元の京大での講義録『歴史的現実』を、佐藤優氏が逐条解説したセミナーの記録。すぐれた戦争イデオローグの恐るべき手の内が明らかになる。

 田辺元は《数学を専攻し…哲学科に転じた》学者で、頭が切れる。戦火の拡(ひろ)がる中、歴史を生きる覚悟を学生に問うた。

 田辺は本格派投手のように、直球をびしびし投げ込む。《過去の必然性と未来の可能性の結びつくのが永遠の現在である》《歴史は必然の自由である》。誰もが過去に縛られつつ、未来を切り開く自由があるという。ドイツ哲学を下敷きに、丹念に議論を積み上げていく。

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  3. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです