メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

若島正・評 『マルセル・デュシャンとチェス』=中尾拓哉・著

 (平凡社・5184円)

「頭脳的」な造形性の軌跡

 モダン・アートに多大な影響を与えたフランスの芸術家マルセル・デュシャンの作品群は、今なお鑑賞者の想像力を刺激してやまない。ある展覧会で、男子用小便器に「リチャード・マット」名で署名したものを出展しようとして物議を醸した事件に始まり、通称《大ガラス》と呼ばれる、未完成のまま制作を放棄した《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》、死後発表された遺作となる、覗(のぞ)きからくりを想わせる《(1)落ちる水、(2)照明用ガス、が与えられたとせよ》まで、デュシャンの制作物はたえずわたしたちに「芸術とは何か」を問いかける、謎でありつづけている。

 その一方で、デュシャンは《大ガラス》の制作を中止した後、もっぱらチェスを指すことに没頭していた。そ…

この記事は有料記事です。

残り1092文字(全文1440文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです