メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『笑う執行人 女検事・秋月さやか』 著者・久間十義さん

久間十義さん=小玉祥子撮影

 ◆久間十義(ひさま・じゅうぎ)さん

 (角川書店・1944円)

 六本木のクラブで、芸能プロダクションを経営する若手実業家が撲殺される。犯人はカボチャのマスクをかぶった男で、被害者は鼻をそがれていた。その後、新大久保で女性を被害者とした同様の事件が発生する。

 同じころ、札幌地検から東京地検特捜部に異動したばかりの検事、秋月さやかは、大物代議士、河島通夫の不正献金疑惑の調査を命じられる。

 撲殺された女性被害者を同伴していたのが河島の秘書の双子の弟とわかり、二つの事件の関わりが次第に明らかになっていく。

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 尼崎市の商店街で火災 焼け跡から男性の遺体

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです