メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災特集

「鉄學」運行中 乗車して地域学び津波訓練 和歌山大とJR西

 鉄道に乗車しながらの地域学習と津波避難訓練を組み合わせたユニークな取り組みが、和歌山県内のJR紀勢線で実施されている。「鉄學(てつがく)」と名付け、和歌山大の西川一弘准教授(鉄道防災教育)の研究室とJR西日本和歌山支社が連携。幅広い人に参加してもらい、防災の大切さを伝えていく考えだ。

 「ここは昔、島と陸地が分かれていました。その間に砂がたまって陸地が形成され、街ができました」

 熊野灘を望む紀勢線宇久井駅付近(同県那智勝浦町)を走る電車内。参加した県立串本古座高校の1年生約1…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文762文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 記者殺害後、サウジ皇太子に助言か トランプ氏娘婿
  4. ORICON NEWS ZOZO前澤社長「お騒がせ」な一年に平謝り 剛力彩芽と交際、月周回計画など
  5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです