メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災特集

「鉄學」運行中 乗車して地域学び津波訓練 和歌山大とJR西

 鉄道に乗車しながらの地域学習と津波避難訓練を組み合わせたユニークな取り組みが、和歌山県内のJR紀勢線で実施されている。「鉄學(てつがく)」と名付け、和歌山大の西川一弘准教授(鉄道防災教育)の研究室とJR西日本和歌山支社が連携。幅広い人に参加してもらい、防災の大切さを伝えていく考えだ。

 「ここは昔、島と陸地が分かれていました。その間に砂がたまって陸地が形成され、街ができました」

 熊野灘を望む紀勢線宇久井駅付近(同県那智勝浦町)を走る電車内。参加した県立串本古座高校の1年生約1…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 駐日アフガン大使、涙声で「アフガンの偉大な友人で英雄です」 中村哲医師のお別れ会に5000人

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです