メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災特集

「鉄學」運行中 乗車して地域学び津波訓練 和歌山大とJR西

 鉄道に乗車しながらの地域学習と津波避難訓練を組み合わせたユニークな取り組みが、和歌山県内のJR紀勢線で実施されている。「鉄學(てつがく)」と名付け、和歌山大の西川一弘准教授(鉄道防災教育)の研究室とJR西日本和歌山支社が連携。幅広い人に参加してもらい、防災の大切さを伝えていく考えだ。

 「ここは昔、島と陸地が分かれていました。その間に砂がたまって陸地が形成され、街ができました」

 熊野灘を望む紀勢線宇久井駅付近(同県那智勝浦町)を走る電車内。参加した県立串本古座高校の1年生約1…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文762文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです