魚梁瀬杉

最後の伐採58本 次は20年後

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
伐採予定の魚梁瀬杉(右)。この木を切ることで左の2本の成長が促進される=高知県馬路村魚梁瀬で2017年9月11日、柴山雄太撮影
伐採予定の魚梁瀬杉(右)。この木を切ることで左の2本の成長が促進される=高知県馬路村魚梁瀬で2017年9月11日、柴山雄太撮影

 高知の県木に指定されている銘木「魚梁瀬(やなせ)杉」。江戸時代から残るとされる天然杉の伐採事業が、今年度で休止される。計画的に伐採されるのはこれで最後となる巨木を見に、魚梁瀬の山を訪れた。【柴山雄太】

 ■土佐藩が保護

 魚梁瀬杉は高知県馬路村の魚梁瀬地区を中心に分布している。安土桃山時代から良材として知られ、長宗我部元親から豊臣秀吉に献上されていたという。

 江戸時代に入ってからも、魚梁瀬地区の山は土佐藩の「御留山」として保護・管理され、幕府に献上された。現在残っている巨木は、この頃切られた杉の二代目と考えられており、推定樹齢は平均250年だという。

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1225文字)

あわせて読みたい

注目の特集