メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
魚梁瀬杉

最後の伐採58本 次は20年後

伐採予定の魚梁瀬杉(右)。この木を切ることで左の2本の成長が促進される=高知県馬路村魚梁瀬で2017年9月11日、柴山雄太撮影

 高知の県木に指定されている銘木「魚梁瀬(やなせ)杉」。江戸時代から残るとされる天然杉の伐採事業が、今年度で休止される。計画的に伐採されるのはこれで最後となる巨木を見に、魚梁瀬の山を訪れた。【柴山雄太】

 ■土佐藩が保護

 魚梁瀬杉は高知県馬路村の魚梁瀬地区を中心に分布している。安土桃山時代から良材として知られ、長宗我部元親から豊臣秀吉に献上されていたという。

 江戸時代に入ってからも、魚梁瀬地区の山は土佐藩の「御留山」として保護・管理され、幕府に献上された。…

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1225文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです