メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日朝平壌宣言15年

飯島勲氏「融和の精神必要」拉致解決

質問に答える飯島勲内閣官房参与=首相官邸で、宮武祐希撮影

当時の小泉首相の首相秘書官 展望を聞く

 小泉純一郎首相(当時)が北朝鮮を訪問し、金正日(キム・ジョンイル)総書記(故人)と会談し、日朝平壌宣言に署名してから17日で15年となる。2002年9月17日の日朝平壌宣言に署名した小泉首相の首相秘書官(政務担当)だった飯島勲内閣官房参与に、合意に至った背景や日本人拉致問題解決に向けた展望を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1638文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです