メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三陸の漁港

サンマ激減 イベントや配送便中止

 岩手、宮城両県沖の太平洋は、秋の味覚・サンマの一大漁場として知られる。ところが今年は不漁のため、三陸の漁港への水揚げが激減。サンマを振る舞うイベントや配送便の中止といった影響が出ており、関係者は「こんなことは今まで経験がない」と戸惑い、対応に追われている。

 「今季は打ち切ると苦渋の決断をした。毎日、頭が痛い」。宮古水産物商業協同組合(岩手県宮古市)の島香尚組合長(64)は嘆く。全国から受注した人気商品「さんまふるさと便」3700ケースの配送中止に追い込まれたためだ。

 宮古港には今季一度もサンマが水揚げされていない。東京・目黒駅前で10日に催された「目黒のさんま祭り…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文891文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]