メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NPO法人メモロ

広がる「記憶の銀行」 60歳以上の人々記録 秘話や教訓、ネットで共有 /東京

 1964年の東京五輪に出場したレスリング金メダリストの秘話。東京タワー建設に携わったとび職人の誇り。テレビの生放送直前まで影絵作りに追われた劇団員--。歴史や世相を映した60歳以上の市井の人々の記憶を動画などで記録し、インターネットを通じて共有する「記憶の銀行」が広がりを見せている。日本では2010年からNPO法人「MEMORO(メモロ) 記憶の銀行」(渋谷区)が取り組んでおり、代表の長島光男さん(64)は「人の記憶に触れることで、教科書にはない知識や教訓を経験してほしい」と話す。【谷本仁美】

 「MEMORO」はエスペラントで「記憶」の意味。「お年寄りの話は過去の記憶の宝庫」と気づいたイタリ…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1238文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  4. 傷害致死 8歳長男、死なせた疑い 「頭を殴った」父親逮捕 奈良
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです