メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特養ホーム「みやま園」

認知症に臨床美術を 入所者らの絵画展 紀北 /三重

みやま園の入所者らの作品と臨床美術について説明する小柴博正常務理事=紀北町相賀の第三銀行海山支店で

 認知症改善のため「臨床美術」に取り組む特別養護老人ホーム「みやま園」(紀北町矢口浦)が、入所者らの絵画展を紀北町相賀の第三銀行海山支店で開いている。絵を描いたりオブジェを作ったりすることで脳が活性化するという。同園常務理事の小柴博正さんは「ほとんど反応のなかった人がよく話し、笑うようになる」という。29日まで。

 小柴さんによると、認知症患者は記憶力や計算力などに関連する左脳が衰える。感覚などをつかさどる右脳を…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです