メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命から学んで

農芸高創立100周年/11 家畜の「生かし方」考える 鳥の食肉処理に挑戦 /大阪

 府立農芸高校(堺市美原区)の資源動物科総合環境専攻は、昭和40年代にはシェア8割で全国1位だった伝統の「大阪のカモ」復活を目指し、カモ肉ブランド化を研究している。世話をしてきたアイガモを食肉処理する実習があり、生徒たちは「生き物が食に変わる」経過を目の当たりに学ぶ。

 まず上級生がデモンストレーション。2人が後ろからアイガモを押さえ、もう1人が首を持って「ここがあごの骨。ここに気管があるから引っ張って、後ろにある頸動脈を切る」と説明する。鳥の命脈が尽きていくのを、1年生は声もなく凝視した。

 実習前、箱に入れられ鳴くアイガモを、1年の鈴木かな穂さんは一人、見つめ続けていた。「動物が好きで入…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原
  5. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです